黒い感じで撮れていますが実際はもう少し赤いです。

諏訪の【女の神山「メノカミヤマ」】(蓼科山)で古代の女神解放の儀式(ワーク)をした時の
大地からの力強いエネルギー(赤の女神)を現したものです。
詳細は ブログ「天の御柱」をご覧下さい。

大地の渦巻くエネルギー
古代より人々はそのエネルギーを蛇に例えてきました。
マヤのククルカン、アステカのケツァルカトルもこのエネルギーを模していたものと思われます。

地球の内部ではその生命を維持していくために活発な地底活動をしています。
地底のエネルギーを天につなげる時
大地のエネルギーは蛇のような螺旋を描き、昇っていきます。

私たち人間のDNAの構造も螺旋を描いています。

この大地と天のエネルギー交換が行われていることが地球が生きている証でもあり
私たち人間の生命力そのものと生命の結びつきを深めていく必要不可欠なものです。

速佐須良姫(ハヤサスラヒメ)は大祓詞に出てくる、根の国、底の国、地底の女神です。


大地とのグランディングを高めたい方
自己治癒力、生命力を高めたい方
このブレスを着けることで
自分の軸を大きくし、それを柱として
天へと続くエネルギー昇華を促します。




   ガーネットは十字のスターがでます。
size 約17cm
シリコンゴムを使用しています。


BM12
女神ブレス
ф 速佐須良姫(ハヤサスラヒメ) ф





soldになっていても作製できる場合がございますので
お問い合わせくださいませ。
こちらが実物に近いお色です。 黒い感じで撮れていますが実際はもう少し赤いです。


黒い感じで撮れていますが実際はもう少し赤いです。


※以下のビーズを使用しています。
カーネリアン10mm、6mm
スターガーネット8mm
オニキス6mm、カット
ガーネットカット
カットクリスタル